派遣で働く場合、求人を出すのは企業側ですが、働く人は人材派遣会社と契約を交わします。

派遣で働く場合は、正社員で働く場合より待遇が下がることが一般的といいます。

派遣社員としての求人は時に正規雇用としての道が開けることもあります。

派遣ま仕事を経て、正社員としての採用が決まることもあります。

同じ会社で派遣社員が働く場合、三年以内に留めることが定められています。

優秀な人材の場合は正社員として再雇用させる場合も多いにあり得ます。

派遣の求人にも色々な種類がありますが、紹介予定派遣は正社員になることを想定した採用でもあるので、上手に使いましょう。

実は正規雇用前提の求人はハローワーク経由でも斡旋してもらえることが多いものです。

人材を求める企業は派遣会社とハローワークの両方に求人を出すことも珍しくありません。

いきなり正社員にとして雇うのではなく、最初のうちは非正規雇用という形で様子を見るという方針を立てている会社もあるといいます。

人材派遣会社から紹介してもらえなければ、希望する派遣の求人では仕事ができませんが、正社員になれるかもしれない求人は応募が殺到します。

希望する派遣の求人を派遣会社から紹介してもらえないという場合は、ハローワークで自力で求人を探すか、他の人材紹介会社に登録してみるというやり方があるでしょう。