標準体重とはなんでしょうか。

近年では体重に関心を持つ人が増えてきて、老いも若きも揃って減量に打ち込んでいます。

大抵の場合は、標準体重と自分の体重を比較することによって、太っているかどうかがわかります。

標準体重とは、平均的な体重として目安になるような数字のことを指しています。

この標準体重は、病気にかかりにくく、長生きしやすい体重はいくつかという観点から決められています。

健康を維持するためには、標準体重の範囲内に自分の体重を保つようにするといいでしょう。

健康でい続けるために役立つものが標準体重です。

一般的に標準体重は年齢や身長、体脂肪率といった要素の全部、あるいは一部から求められるもので、計算の方法もいくつか種類があります。

別名、理想体重とも呼ばれている標準体重ですが、世界ではBMIと言われる計算式によって求めることが一番多いようです。

標準体重を算出するには公式に当てはめて、BMI=体重(kg)÷という計算式で数値化します。

BMI法で標準体重を計算した場合、統計上、BMI=22 となるとき、高血圧、高脂血症、肝障害、耐糖能異常等の有病率が最も低くなるとか。

体脂肪に関しては、BMIを計算する上では影響はありません。

脂肪のために体重があるのか、筋肉がついているために体重があるのかなどの影響がない状態での標準体重となります。