キャッシングを使ったことがなくても、住宅ローンの審査を断られることがあります。

配偶者が現在キャッシングしている場合やキャッシング履歴に問題がある場合です。

条件によっては、家族がどのようにキャッシングを使っているかは関わりがないこともあるといいます。

どんな時に、両者の関連性が出てくるのでしょう。

それは、連帯債務者になっているケースです。

住宅ローンの審査を受ける場合、もしも債務者が1人なら、配偶者のキャッシングの使い方は特に関係はありません。

返済に際しては夫婦で負うという形を取った場合、夫婦両方ともにキャッシングをどう使っているかが注目されます。

夫婦のいずれかが債務者、もう1人が連帯債務者となることが、住宅ローンを2人の名義で払っていく時のスタイルだといいます。

住宅ローンの審査では、連帯債務者の信用状況についても調べることになります。

ただし、過去にキャッシングを使ったことある人だとしても、問題を起こさず滞りなく返済が済んでいれば、特に問題扱いはされません。

クレジットカードで利用できる金額の上限も、キャッシングの利用金額並みに見なされます。

かつては、クレジットカードをキャッシングに使っていたために住宅ローンの審査に通らなかったという人もいましたが、この頃はかなりゆるくなりました。