体重の減少を目指して体に負荷のかかるダイエットをする人がいますが、健康上いいことではありません。

ある水準まで成長した身長や体重は、それ以後は変わらなくなります。

人体は、人それぞれの大きさがあるといえます。

体重は身長よりも生活習慣や食事に左右されやすく、増減幅が大きい傾向があるといいます。

一般的には身長に見合った標準体重があるので、それらを参考に、常に自分の適性体重を維持しておくことで健康維持にも役立ちます。

適正体重をオーバーしている時は、体重を効率的に減少させるためにダイエットをすることも大事です。

短い期間で体重を減少させるようなダイエット方法もありますが、急激に痩せることは体に負荷がかかり、リバウンドの温床になりがちです。

どんなに痩せたくても、1か月に2キロ以上は体重を減少させないほうがいいと言われています。

ダイエットをことさらにしなくても、体調不良によって体重が減少するケースもあるといいます。

胃腸に問題を抱えていたり、ひどい下痢になった場合は、それだけで何㎏かは体重が減少することも珍しくありません。

ただし、その時だけの現象です。

体の具合が悪くなったために体重が減少したという時は、体調が復調すると体重も増えます。

人体とは、そうそう容易に体重の増加や減少が起きないように、コントロール下にあるのです。