体重など目方を少なくする行為が減量です。

減量という言葉で連想するのは、ボクシングのために選手がサウナや食事制限で体重を減らすことではないでしょうか。

ボクサーの減量は非常に苦しいもので、ギリギリまで食事量を減らしたり汗をかいたりしています。

一方、私たちの行う減量は試合を目的にしていないため、そこまでする必要はありません。

ボクシング選手の場合、減量の土台となる体が既に出来上がっているともいえるでしょう。

比べて私たちは運動しているにしても、厳しい訓練をしている訳では無いので同じような減量方法で体重を減らすことは不可能なのです。

短期での減量はリバウンドしやすい方法ですので、体重を長期的に減らしたい時に行う手段ではありません。

体重のダウンを目指す場合は、ある決まった瞬間にだけ減っていればいいものではなく、恒常的な体重減少を望みます。

減量後のリバウンドを防ぎたいのであれば、体重の増減が何で起きるかを知ることから始めましょう。

合わせて自分の食生活や、運動などを取り入れる体に負担を掛けない健康的な減量方法がやはり効果的なのです。

何気なく体重を測ってみたら、びっくりするくらい増えていたということもあります。

太るようなことをした覚えは一切ないのに、事実として脂肪が増えて体重が増していたということもあるといいます。

体重が増えたら減量でコントロールすることも重要ですが、体重が増えないように毎日の生活を改善することも重要なことです。