何をすると減量がうまくいくかは、何をすると体重が増加するか知ることがポイントとなります。

多くの場合、増える体重とは脂肪のことです。

脂肪が増えるのは、一日で使い切れない量のカロリーを摂取した時です。

消費し切れれなかった摂取エネルギー、つまりカロリーが脂肪などとして体内に残ってしまうために体重が増えるというとても単純で明快なものです。

脂肪を燃焼してエネルギーを得なければいけない状態になれば減量ができます。

そのためには、使うエネルギーを得るエネルギーより多くします。

体内に取り入れた食事をカロリーに換算したものが、摂取カロリーとなります。

運動のほか、基礎代謝のために人の体はエネルギーを使っています。

基礎代謝とは、安静にしていても生きていくために人体が必要とするエネルギー量のことをいいます。

人間の消費カロリーのうち、約7割が基礎代謝だとされています。

基礎代謝の高い体になれば、自然と減量効果が出てきます。

すでにダイエットを実践している人は低カロリーの食事に体が慣れてしまっていたり、たんぱく質の不足によって、基礎代謝が低くなっている場合もあります。

低下している基礎代謝を上げるため、たんぱく質を多めに取り入れ、適度な有酸素運動を習慣づけることが効果的だといいます。

健康に良い減量をするには、基礎代謝の高い体質に改善することがポイントになります。

基礎代謝を上げると、寝ていたり、体を動かさなくてもカロリーを消費する量が増えます。