見えない手数料がクレジットカードにはかかっています。

最近はスーパーなどで買い物をすると、店舗独自のポイントがもらえることもよくあります。

ポイントをためていくことで、キャッシュバックがあったり、何らかの特典があります。

またそのお店で買い物をしたくなります。

店舗によっては、現金で支払いをした時だけポイント加算率が良くなることがあります。

クレジットカード会社と提携していても、店にとっては手数料を取られることのない現金払いの方が理想的といえるでしょう。

大規模な家電量販店などよく見る手法ですが、現金で支払う方の条件を良くすることで現金払いを推奨しているというわけです。

現金払いとクレジットカード払いではポイントの還元率に数%の差をつけています。

店側としてもクレジットカードの支払いは手数料の負担がある分、できるだけ現金払いを推奨したいところ。

けれども、クレジットカード払いを認めず現金のみという形を取ると、買い物をしてくれる客足に響きます。

現金で払ってもクレジットカードを使っても、客から見れば条件は全く同じです。

クレジットカードの決済は、提携店舗からすれば手数料の発生が避けられません。

クレジットカード払いと現金払いで扱いに差をつけている店も少なくありませんので、現金払いの方が有利なポイントになっている可能性があります。