薬ではないので、サプリメントは副作用の弊害はあまりないと、たくさんの人が考えているでしょう。

正確には、人体へ薬を使った時に、本来の目的以外に起きる別な作用のことを、副作用と呼ぶのが一般的です。

言葉の上では、副作用は薬に対して使われるため、薬でないサプリメントには、副作用は無いといえるでしょう。

そうはいってもサプリメントの弊害が全くないとはいえないのも事実です。

アメリカはサプリメントの大国ですが、吐き気や下痢、頭の痛みなどの弊害が、サプリメント摂取で発生したという報告もあるといいます。

中には、死者が出たという深刻な例もあるほどだそうです。

クロレラのサプリメントを摂取したことで皮膚に弊害が起きた、という報告が日本でもあるといいます。

サプリメントの場合、その分類は補助食品ですが、副作用を軽視することは、補助食品だからといってできないのです。

やめたほうが良いのが、無警戒に過剰摂取することです。

特に、化学物質による過敏症やアレルギーのある人は、トラブルがサプリメントによって起きやすいそうです。

サプリメントに限らず、ハーブ類なども、もともとは状況に応じて摂取するのが正しい方法なので、漫然と摂取していれば効果があるというものでもないようです。

特に、医師からの薬を服用されていたり、妊娠中や授乳中の人はサプリメントの扱いには慎重になって、弊害を避けてください