ふくらはぎを引き締めるストレッチをすることも、脚やせダイエットには欠かせません。

太もものダイエットと同じように、ふくらはぎもダイエットして、すっきりさせたいと思っている人も多いとことでしょう。

スカートをはいた時など、脚でも太ももよりもふくらはぎの方が見えやすいですし目立つ場所でもあるからです。

むくみが出やすいこともふくらはぎの特徴です。

脂肪燃焼というより、むくみを解消することによってふくらはぎは引き締め効果が出ます。

下半身は重みに引かれて老廃物などが蓄積されやすく、むくみとなって現れやすいといいます。

脚に老廃物が溜まっていると脂肪の燃焼効率も悪くなり、マッサージやエクササイズの効果が出づらくなります。

むくみの解消や老廃物の排出のためにも、時間がある時に積極的にふくらはぎのストレッチを行いましょう。

たっぷり水分を体内に取り入れてからストレッチをすることがダイエットになります。

つま先立ちとかかと立ちをそれぞれ行うという簡単なストレッチ方法もあります。

つま先で立って10秒ほどその状態を維持して、次にかかとだけで立ってつま先を上に上げた状態にして10秒ほど静止します。

むくみが気になる脚には、5回1セットで4回から5回の運動を毎日続けることが効果があると言われています。

脚のストレッチは椅子などに座った状態でもできます。

空いている時間はもちろん、デスクワーク時にも実践すればダイエット効果が更にアップします。

日々のストレッチ運動の蓄積によって脚やせダイエット効果を得ることができます。

毎日2~3セットはストレッチを行うようにしましょう。