フェイシャルケアを目的とした美容施術の種類は多く、扱う器機の関係でエステではできないものもあります。

エステの効果よりも高い美顔ケアを求めるのであれば、医療機関である美容外科でフェイシャルコースを受けてみましょう。

エステでは、レーザー光線を使って美顔ケアをすることは法律的に認められていません。

病院の皮膚科や、美容外科などの医療機関でなければ利用できません。

レーザーによるフェイシャルは、主にしみを取るために行うことが多いそうです。

レーザー光をシミにあてることで、そばかすやシミを目立たなくすることが可能です。

エステによってはレーザーを使ったフェイシャルも行っているところがありますが、出力は低く効果は医療用のレーザーフェイシャルより弱めです。

安全面から見ても、できれば美容外科で受けた方がいいでしょう。

エステと比較すると、美容外科でのフェイシャル施術は保険が適用されないぶん高価です。

レーザーフェイシャルに似たもので、最近ではフォトフェイシャルもあります。

フォトフェイシャルは、レーザーの代わりに特殊な光をあてます。

しみやそばかすを解消したり、肌を活性化させる効果があります。

レーザーより肌ほの刺激がマイルドで、エステでも利用できるフェイシャルケアの一つです。