江戸時代で一番有名な女性と言えば春日局じゃないでしょうか?ご存知3代目将軍徳川家光の乳母で、家光を将軍にのし上げた人物です。

しかし、一般的に江戸時代の女性といえば身分の高い家の女性は大奥、貧しい家の女性は吉原遊廓、庶民でも本人の自由はなく縁組させられるという窮屈なイメージもありませんか?
大奥は先述の春日局が整備を整えた江戸城にあった将軍家の子女、正室、奥女中たちが住まう場所です。

女中=召使という訳ではなく、大奥の中にも身分制度がありました。

例えば、中臈と呼ばれる女性たちは将軍や御台所(将軍の正室)の身の回りを世話をする女性です。

器量や家柄が良い人がこの役職についた為、将軍の目に留まれば側室になることもありえました。

全ての女性が側室候補という訳ではなく、御三之間や御中居など掃除や料理などを担う女性もいました。

ちなみに将軍のお手付となった場合は原則として実家に戻ることはかないませんでした。

吉原は花魁や太夫などの呼称を聞くときらびやかなイメージがありますが、風俗を商売としています。

農村では飢饉などが起こり食べるのに困ると娘を売らざるを得ませんでした。

女性は親へ支払われた金額+自分が遊廓で消費した食事代や商売に必要な衣装代・化粧品代などを全て支払うと解放されます。

しかし、借金が膨大でなかなか返し終わらず、あまたの男性の相手をせねばならない為、性病や精神を病み、期限までに生き残れず、葬式も出してもらえない女性もたくさんいました。

さらにせっかく解放されても行く先がなく、生きるのに困って遊郭街に戻ってきてしまい、最悪、元いた店より格下の店で身体を売って働き続ける人もいました。

吉原の場合だと大門と呼ばれる門があり、そこには見張りがいる為、逃亡はほぼ不可能であったと言われています。

しかし、窮屈そうに見える江戸時代の女性の生活ですが、意外と自由な面もあったようです。

実は女性の人口は男性の半分。

恋愛は女性に有利な立場にあったようです。

恋愛の主導権は女性にあり、おつき合いやプロポーズ、さらにお別れは女性からなんていうことは江戸時代、珍しくありませんでした。

江戸時代にモテた女性は艶があり、粋であったとされています。

艶があるといってもただ「ふしだら」「エロい」という訳ではなく、品の中に色香があったようですね。

例えば気高く、雅なことに理解があり、風流であって、恋愛を楽しむような感じだそうです。

なかなか江戸時代女子はハードルが高いですね(笑)。

また、遊女たちは流行の最先端、庶民の女性にとってはファッションリーダーだったようです。

遊女たちのファッションを真似て、彼女たちはおしゃれを楽しんでいたとか。

江戸時代の女の子も現代の女の子と時代を経ても変わらないことってありますね。