最近はスマホやタブレットなどのモバイル端末を利用している方も多く、データの保存方法に頭を悩ませてしまいますよね。イベントや旅行に出かけて、写真をとったり、普段の生活で面白動画を撮影したりすると、スマホのデータ容量は、すぐにいっぱいになってしまいます。

保存したデータをパソコンに転送するため、専用ケーブルなどで接続して、スマホのデータを保存している方も多いのではないでしょうか。

データがいっぱいになるたび、ケーブルを取り出して、わざわざパソコンに転送するのは、正直、面倒に感じてしまいますよね。つい、そのまま放置しておき、いらないデータを選んで消去している方もいらっしゃるようです。

また、スマホアプリやパソコン上で編集した画像や動画を転送するのも面倒ですよね。同じデータなら、同期させることができれば楽と思うのですが、どうにかならないかと考えていたら、クラウドを利用する方法を思いつきました。

クラウドサービスを利用して、データをクラウド上に保存しておけば、スマホからもパソコンからも同じデータをダウンロードすることができますよね。

でも、毎回クラウド上のツールにログインして、データをダウンロードするのも、少し面倒に感じます。

いろいろ調べてみた結果、ドロップボックスというアプリが、一番簡単にデータの同期が可能だと分かりました。ドロップボックスはクラウド上にバックアップができるため、端末にもしものことがあったときでも、データが破損されることはありません。
ドロップボックスは2GBまでなら、無料で利用することができるため、それほどデータ容量が必要でない方におススメのサービスと言えます。

ドロップボックスの公式ページに無料ユーザーで登録し、ログインすると、ドロップボックスを利用することができます。ログイン時にアカウントを忘れてしまうと、利用できませんので、必ずログイン時に必要なアカウントは記録しておくようにしましょう。
ドロップボックスのログインアカウントにはメールアドレスが適用されるため、ログインアカウントを登録する際は、WEBメールでも構いませんので、必ずメールアカウントを用意しておくようにしましょう。

ドロップボックスを利用してログインするには、スマホならば専用アプリをダウンロード、パソコンならユーザー登録をする必要があります。どちらも登録するのは無料になっているため、費用面は気にせずに利用することができます。

新規でドロップボックスに登録する場合、ログインするための登録画面が表示されますので、必要事項に入力の上、登録を完了させましょう。

利用規約への同意が求められますので、同意するを選択すると、ドロップボックスへの登録は完了します。ぜひ利用してみて下さい。