最近の大学生の就職活動は、全体的なスケジュール前倒しの傾向にあるそうです。

ほとんどの人は、大学3年生の時点から始めるようです。

就職したい業種を視野に入れた資格の取得や、短期語学留学、経験作りとしてのボランティアや海外旅行、インターンシップ制度の利用などがあります。

就職サイトが12月には次年度の大学生を対象として開始され、いよいよ始まるのが求人企業の登録です。

掲載されるようになるのが、資料請求や企業説明会の情報です。

エントリーシートの提出や合同企業説明会の参加など、1月ごろからは本格的な企業説明会と就職活動の本番の開始です。

まず会社の説明会に出席するために就職サイトなどからエントリーを行うのが、就職活動で大学生を対象としたものです。

正式にエントリーシートを提出するかどうかを説明会参加後に確認してから、進むのが次の試験です。

試験の順番としては、筆記試験、人事面接、役員面接などの順番で選考が進みます。

選考のピークだとされているのは、大手企業を中心に4月ごろです。

就職活動期間である2月~6月は、スケジュール管理が難しくなることも、会社説明会や面接が重なることであるかもしれません。

自分なりの方法で就職活動の日程を調整し、効率的に動けるようにしましょう。

春に内定が出なかった大学生でも、採用活動の期間を限定せずに通年で大学生の内定を出す会社も最近は増えていますし、夏採用、秋採用もあるので活動を諦めず継続するようにしましょう。