クレジット一体型のキャッシュカードがあります。

新規で銀行口座を開設すると、同時にATM用のキャッシュカードを作成することが多いものです。

最近多いのは、クレジットカードと一体になっているというキャッシュカードです。

銀行用ATMカードであり、キャッシュカードとしても使えるカードのことを、一体型のカードといいます。

そのカードであれば、クレジットカードの決済もできますし、通帳からのお金の出し入れも可能です。

クレジット一体型キャッシュカードのメリットは、何と言ってもその利便性にあります。

クレジット一体型キャッシュカード1枚でクレジットカードにもキャッシングカードにもなるため、カードの枚数が増えません。

年会費を0にするサービスが、クレジット一体型キャッシュカードにはあるという会社もあります。

いざという時にクレジット機能が使える心強さがあります。

クレジット一体型キャッシュカードは、万一盗難にあったりすると、現金を引き出されます。

もしもの事態が生じてクレジット一体型キャッシュカードが人手に渡っては、大変なことになります。

1枚のカードで様々な使い方ができるカードを使う人が、この頃は増加しているといいます。

クレジット一体型キャッシュカードのメリットとリスクを把握した上で使うことで、良さを生かすことができるでしょう。