クレジットカードとカードローンを利用する際に注意していただきたい点があります。

金融法の改定により、今まで問題になっていたグレーゾーンが撤廃されました。

今ではクレジットカードによるローンやキャッシングの金利は、上限が20%に統一されています。

法を無視した貸付を行うようなブラック会社に対しては、法律の締め付けが強化されています。

より安心して、クレジットカードやカードローンからお金を借りられるようになりました。

ショッピングにも、キャッシングにも、クレジットカードから使えるようになっています。

しかし手軽に使えすぎて、油断をすると借りすぎてしまうことがあります。

金銭管理を曖昧なままにしている人や、月々の収入が不安定な人は要注意です。

クレジットカードの月々の精算額や、カードローンの毎月の返済額が増えすぎて、収入だけでは返済が追いつかないということもありえます。

今では、法律が変わったことにより、年収の三分の一を超える金額をキャッシング会社から借りてはいけないことになっています。

クレジットカードを何枚も持っている人がいますが、それぞれのカードでキャッシングや決済を行っていると、借入金が積み重なっていきます。

お金を融資する側の各金融会社も、新規の顧客獲得にさまざまなサービスを展開しています。

たとえ低金利であろうとも、カードローンは借金です。

クレジットカードはとても便利なものですが、カードローンは別のものと考えて利用したほうがいいでしょう。