クレジットカードとキャッシングについてです。

大人であれば1枚は持っていると言われているのがクレジットカード。

最近では、18歳以上を対象にした学生用のカードもあり、多くの人がカード決済を行っています。

クレジットカードは、キャッシングとして使えるキャッシング枠が決まっていることが多いといいます。

通常、クレジットカードは買い物などの支払いに活用することがメインです。

キャッシングの機能も持っていることが多く、急遽現金が必要になった時にそのカードがあればATMなどでキャッシングすることもできます。

もともとクレジットカード会社は申込審査の際に、その人の支払い能力をチェックしています。

したがって各人に合わせたキャッシングの限度額も事前に審査済みです。

クレジットカードのキャッシング枠に希望がある人は、あらかじめ伝えておくと反映できる会社もあります。

多くの場合、キャッシングの枠に合わせてクレジットカードのショッピング枠も決定されるようです。

基本的には、クレジットカードはショッピングの限度額がメインとなっており、キャッシングカードとして使うことは予備的な存在と位置づけられています。

キャッシングの限度額を0円にして、実質的にキャッシング機能を封じることもできます。

学生が使うクレジットカードの場合、キャッシング機能を使わせないために0円にしておくこともあるようです。