にきびは、放っておいてもいつの間にかなおるにきびや、にきび跡が残ってしまって肌にクレーターができるにきびがあります。

先端に膿を持ったにきびを、気になってつぶす人もよくいます。

クレーターのようなにきび跡が残りやすいのでやめたほうが無難。

人間の手は、ごく小さな菌がたくさんいて、決して清潔ではありません。

細菌が悪さをしたためににきびがますます悪くなり、結果的ににきびの症状が進んでしまうことがあります。

顔の一部ににきびがたくさんできたり、特に大きなにきびができてしまうと、クレーター状のにきび跡になることが多く、気をつけなければいけません。

にきびがなかなか治らない場合、皮膚科の診察を受けることで回復を早めることが可能です。

気になるときには、一度受診してみるのもいいでしょう。

特に化膿して痛みがある場合には病院で薬を処方してもらったほうが、クレーター状のにきび跡も残りにくいと言われています。

色素沈着によって一次的ににきび跡ができても、多くの場合はじきに目立たなくなります。

お肌の自然治癒により、おうとつのないにきび跡程度であれば、ほどなく見えにくくなっていきます。

もしもにきび跡がクレーターのようにへこんでしまったら、以前のような状態には戻しづらいとされています。