血液中のコレステロールを調べて、悪玉コレステロール値が高かった場合、食事内容を見直すことが急務です。

悪玉コレステロールを避けるには、まずは動物性の脂肪を含まない食事をすることです。

食事から摂る肉の量を減らすことでコレステロールが下がることもよくあります。

コレステロールを下げる食品もあるので上手に食事に利用し、徐々にコレステロール値を正常に持っていくのもいいでしょう。

植物性脂肪を取り入れることで、悪玉コレステロールを減らせるともいいます。

植物性油脂であるオリーブオイル、ひまわり油、コーン油を日頃の食事を作る時に使うのも効率的な摂取方法といえます。

カロリー量が高いので、油はあまり摂取しすぎないようにしましょう。

コレステロールは、普段の運動を心がけることでもある程度下げることができます。

食事の改善と運動のどちらにも取り組むことで、効果アップが期待できます。

ホルモン量や加齢、遺伝もコレステロールに関わっており、運動や食事による効果は人によってどうしても差があります。

もしもコレステロールが高いことがわかったら、食事を見直し、体を動かすようにします。

病院でコレステロールを下げる治療薬を出してもらうのは、食事を変えても一向に効果が出ないという場合です。