毎日の食生活を改善することによって、コレステロールを低く抑えることが可能です。

コレステロールには、LDLコレステロールとHDLコレステロールの2種類があります。

健康診断などてはLDLコレステロールとHDLコレステロールの合計が血中のコレステロールの濃度として扱われています。

悪玉コレステロールとも呼ばれているコレステロールは、LDLコレステロールです。

高い場合は食事などにも気を付ける必要があります。

低タンパク高脂質であることが、LDLコレステロールの特徴的なところだといいます。

血中に存在するLDLコレステロールが多すぎると高コレステロール血症になります。

脳梗塞や動脈硬化などが起きてしまいます。

主に脂っこい食事を好む人は悪玉コレステロールが高くなりやすい傾向があります。

食事で肉をよく食べる人も悪玉コレステロールが高いことが多いので注意しましょう。

これに対して、血液中に多くのコレステロールがあっても、善玉コレステロールであれば無問題です。

動脈硬化、心筋梗塞といった症状を緩和する作用があるともいいます。

健康や美容を意識した食生活をしたいならば、善玉コレステロールの多いオリーブオイルや背の青い魚を食事に組み込みましょう。