クレジットカードは、発行する時点で審査が行われています。

そのため、キャッシング機能を使う時に再度審査を行う必要がありません。

何かあった時にすぐに融資を受けられるよう、今のうちにキャッシングが使えるようにしておくことも、役に立つかもしれません。

キャッシングの限度額とショッピングでの限度額はお互いに深く関わっています。

詳しい金額などは、それぞれカード会社が発行する毎月の利用明細書に記入してあります。

クレジットカードの利用限度額が20万円に設定されており、キャッシング上限額が10万円となっていれば、融資を受けられる金額は10万円までです。

ですが、クレジットカードを使っての買い物を15万円した場合は、キャッシングに影響が出ます。

キャッシングあるいはショッピングに5万円が使えるということになります。

別な事例として、キャッシング機能を使った10万円いっぱいまで借りたとします。

あと10万円分をショッピングとして利用はできますが、もうキャッシングはできません。

どちらの場合でも、クレジットカードの限度額20万円より多い金額は利用できません。

クレジットカードでいくらまで使えるかは、申し込み時の審査の結果によってそれぞれ違います。

クレジットカードを使ったキャッシングは、事前の確認が必要です。