ブラックリストという言葉は、キャッシング絡みで知る機会があります。

ブラックリストとは簡単にいえば、金融業界で要注意人物とマークしている人たちのリストのことです。

主に過去キャッシングやクレジットカードを利用した際に支払いを滞納したり、最終的に支払いを踏み倒した人です。

そして、破産宣告をした人たちの名前も載っているリストといわれています。

金融会社へキャッシングやクレジットカードの申し込みをする時には、必ず事前に審査があります。

この時、ブラックリストを確認して、リストに入っていない客であることを調べます。

ブラックリストは金融会社が個々に管理をしており、必要に応じて参照しているといいます。

誰がブラックリスト扱いかは、各社によって異なります。

一般的にはクレジットカードを新規に申し込む際や、キャッシングを利用する際に、名前や生年月日、住所などで検索します。

現在借入中の金額や、かつてのキャッシング利用歴を閲覧できる仕組みになっています。

キャッシングの履歴やクレジットの支払いなどの情報は、金融業界でそれぞれ共有できる事になっています。

そのキャッシング会社では返済トラブルを起こしたことがなくても、別のキャッシング会社で延滞などをしていればブラックリストに入ります。