女性は家事や育児に従事し、男性は外で仕事をするという性別分業は、日本人の価値観の中に今でも存在しています。

高度経済成長期に専業主婦層が増加したものの、1980年以降は女性の労働力化が進み、従来の性別分業は崩れつつあります。

夫婦共働き家庭が、経済情勢の低迷による賃金の低下や少子化による労働力不足などから、増えているといいます。

女性の社会進出ほど男性の家事分担は進んでおらず、未だ男性は仕事という考え方は根強く残っています。

男性は仕事、女性は家事と仕事という分担が、新しい性別分業になっているというのも最近の考え方です。

近年では女性の高学歴化が進み、男女の賃金格差が縮まっているといいます。

自分でも働いて収入を得ることが、女性ができるようになったということです。

男性に仕事を任せるメリットが減少し、性別分業が必ずしも効率のいい家族のあり方ではなくなっているといいます。

24時間営業のスーパーやコンビニが増え、さまざまな生活を便利にする家電があることで、不便な単身生活ではなくなってきています。

最低限の身の回りのことを仕事をしながらすることは、男性にとってもそれほど大変なことではありません。

増加しているのは、親と同居する独身の男性だそうです。

仕事をしながら家事を自身でしなければならないことへの男性が感じる負担を軽くしているのではないでしょうか。