融資の用途を自動車の購入に限定したローンがオートローンです。

信販会社や、自動車販売会社の紹介による金融会社で利用できます。

オートローンはフリーローンと異なり、ローンを組む目的が決まっています。

オートローンは、用途自由のフリーローンよりも低い金利条件で融資を受けることができます。

車を買うために普通のローンを利用することもできますが、オートローンにしておいた方がお得な点もあります。

車を購入する時にオートローンを利用するなら、ローンの返済が終了するまでは車はローン会社が持っていることになります。

完済前に車を売りたいなら、金融会社を介して行うことになります。

金利面では不利ですが、一般的なローンならば自由に車を手放せます。

車を買う時にオートローンを使うと、返済が終わらなければ売ることができないという話もありますが、条件によっては売ることもできるようです。

オートローンを利用すると基本的には所有権留保という形で、車検証の名義はローン会社になります。

ローンを全て返済しないと名義変更や転売が出来ない仕組みになっています。

ほとんどの場合、オートローンを利用していても販売店が所有権留保の解除手続きを行ってくれます。

オートローンを上手に利用すれば、欲しかった車を買うことも可能です。