アメリカなど、世界各国でサプリメントは売り出されています。

今では実にたくさんのメーカーが製造しています。

日本でも最近特に大手食品メーカーや製薬会社が力を入れており、順調に売り上げを伸ばしています。

様々なサプリメントが販売されていますが、互いに違うのでしょうか。

同一のサプリメントに見えるものもあるかもしれませんが、アメリカ製のサプリメントと日本製のサプリメントには、かなりの開きがあります。

日本にはアメリカのサプリメントを輸入しており、製造元はアメリカだという商品をDHCやネイチャーロイドは販売しています。

アメリカで製造しても、日本で製造しても、原材料と製造方法が同じであれば、同じ成分のサプリメントになります。

日本独自で手掛けているサプリメントの場合は、大手のメーカーが製造しているからと言ってサプリメントが良質であるとは限りません。

アメリカではサプリメントの成分に細かい規定があるので、粗悪な商品は販売できない仕組みとなっています。

サプリメント自体を規制する法律は、日本には存在しません。

サプリメントで摂取できる栄養素が同じものでも、製造会社が違えば成分量や品質は相当な違いがあるようです。

大手ブランドメーカーのものであればアメリカのサプリメントは信頼性が高く、日本は必ずしもそうではないという評価もあります。