アメリカでは、サプリメントは身近なものとして使われているといいます。

日本の場合は、まだまだサプリメントに対して懐疑的な人も少なくないようです。

特に普段耳にしないような変わった栄養成分のサプリメントは、あまり一般的には知られていないようです。

サプリメントを選ぶ時には、その栄養素が体にとんな影響を及ぼすものなのか、正しい情報を得ることが必要です。

サプリメントの位置付けを日本とアメリカで比較した場合、日本はあくまで日々の食事を栄養摂取のベースにしています。

アメリカと比較すると、日本では食事の内容や習慣を気にかけているといいます。

わざわざサプリメントを使わずとも、栄養補給には問題はないという人も少なくありません。

一方でアメリカでは医療費が高いと言うこともサプリメントを利用する理由の一つ。

病気を予防するという観点から、サプリメントを上手に利用する人が多いようです。

アメリカでサプリメントの利用者が多いのは、高い医療費を払わずに済むよう、病院に行く前に病気を治したいからだといいます。

病気になってしまうと、サプリメントでは対応のしようはありません。

サプリメントを使って病気にかからない体になるという考え方がアメリカでは一般的で、病気予防という観点が重視されています。