小さなころに憧れていた職業を、今でも覚えていますか。

サッカーや野球などプロのスポーツ選手になりたいと、小さい頃は考えていたという男の子は大勢います。

保母さん、看護婦さんになりたいと考える女の子は多く、憧れの職業の筆頭ともなっています。

憧れの職業アンケートでは小学生の場合は男の子の一位がサッカー選手、女の子の一位はケーキを作るパティシエだそうです。

年齢が高くなるにつれて、憧れの職業の内容も徐々に現実に即してきます。

中学生、高校生になるにつれて、スポーツ選手やパティシエのような誰でもなれるわけではない職業の人気は下がっていくようです。

その代わり、給与が高い職業や社会的な地位がある職業、自分の興味関心に近い分野の職業に対する憧れを抱く人が増加していきます。

憧れの職業としては、医師や教師が人気があります。

小さな頃はおおまかな希望だったものが、大人に近づくにつれて脳外科の医師になりたい、高校教師になりたい等とはっきりしてきます。

高校では、文系、理系と学習内容が異なるカリキュラムも登場してきます。

大学入学時にはより細かく学科や学部が分かれ、受験の際には選ばなければなりません。

憧れの職業をはっきりさせた上で、大学の入学先を決めることが、受験準備の段階では必要になります。