二重あごを改善したいと考える人の、改善したいと考える理由のトップは何でしょうか。

外見的な変化を望んでいるという人は少なくないといいます。

見た目に影響が大きい二重あごですが、実は見た目だけでなく二重あごは病気の原因になることもあるのです。

二重あごになるということは、あごが重いということです。

筋肉が重みに耐えきれず、口が開きやすくなります。

人間の本来の呼吸法は鼻呼吸であり、口を開けて呼吸する口呼吸は不自然な呼吸方法です。

鼻の奥の粘膜には、体に侵入しようとするウイルスをキャッチして外に排出しようとする機能が備わっています。

空気中に存在しているウイルスや菌が、口から息をすると鼻というフィルターにかからずに体の中に取り込まれ、身体トラブルの元になることがあります。

二重あごはリンパの流れにも影響を与え、免疫低下を引き起こします。

発熱や風邪の症状の発症が、二重あごになってから多いという人もいるようです。

睡眠中に口呼吸を行うと舌が下がり、呼吸器官を圧迫することによりいびきや無呼吸状態を生む原因にもなります。

見た目はこのままでも構わないと、二重あごに対して何の対処もしていない方もいます。

今一度、健康面からも二重あごの改善を考えてはみませんか。