二重あごがコンプレックスだという人もいます。

色々な理由が二重あごには絡んでいます。

顔のゆがみやむくみ、たるみ、筋肉の弱体化などが関与しているといいます。

どうして、二重あごになる理由が存在しているものなのでしょうか。

顔のたるみは、表情筋が弱くなるためだとされています。

口や目を上げたり下げたり、細やかな表情の変化に関係している筋肉が表情筋です。

大きく随意筋と不随意筋があります。

不随意筋を鍛えることは困難ですが、随意筋であればよく噛む動作で筋肉を強くすることができます。

食事に際しては、意識して咀嚼するようにすることで、二重あご対策になります。

咀嚼は、健康な歯や歯周組織が備わっていないと正しく行うことが難しくなってしまいます。

左右とも同じように歯を使って噛むことができないと、顔は歪みやすくなりますが、虫歯や歯周病があると、歯の使い方が均等ではなくなります。

顔のゆがみが深刻な状態になると筋肉が不均等になり、リンパ液の流れが滞ってむくみがひどくなる場合も少なくありません。

健康な歯や歯茎は二重あごに少なからず影響を与えているということになります。

体重はさほど多くないにもかかわらず二重あごがなかなか解消されない場合、顔がゆがんでいるのかもしれません。