歯ぐきに原因があって二重あごになっている場合は、歯の治療が重要です。

左右均等に歯を使ってものを噛めるようになると、次のことが考えられます。

二重あごは、筋肉の弱体化や顔のゆがみ、むくみやたるみによって起きるといいます。

背景にあるものをなくしていくことで、二重あごでなくなることが可能だといいます。

筋肉に力を込める機会を増やすと、その部分の筋肉は強くなります。

ガムを噛んだり、固い食事をしたり、よく咀嚼して食べる習慣をつけるようにします。

右と左の筋肉の使い方が不均衡にならないよう、等しく使うように心がけましょう。

表情筋を意識して動かすことにより、引き締まった表情も得ることができます。

顔の表情が変化する人は、表情筋が活発に動きます。

意識して笑い顔を作ることも表情筋のエクササイズになります。

むくみ改善や顔の脂肪除去にも、表情筋を動かすことは効果的です。

表情筋の伸縮運動によって、顔の血液やリンパの流れが促進されるためです。

あごにたまった無駄な水分はむくみの原因となります。

顔のむくみを解消することで二重あごが小さくなる人もいます。

むくみを減らすマッサージも有効です。

停滞せずにリンパが流れることによってむくみのない、二重あごにならない顔になれます。